YASUHIDE.COM

小泉泰英によるフィロソフィー

真の孤独は闘い取るものである

今日のテーマは「孤独」だ。

一人で生きるヤギさんをみていたら「孤独」って何だろう気になったので考えてみた。

孤独と聞くと負のイメージを抱く人も多い。

 

人間が孤独に対して、負のイメージを持ってしまったのは、

ニセモノの孤独を体験した人のエピソードのせいである。

 

ニセモノの孤独とは、自分だけの状態になったときに寂しいと思う人の孤独である。

 

本物の孤独、真の孤独とはそんなものではない。

孤独とは、人生を豊かにする気持ちのいい状態である。

 

 

私と同じ誕生日である村上春樹は孤独についてこんなことを述べている。

 

孤独好きな性格を守るのに、誰にも迷惑をかけてないはずだという論理は

逃げである。孤独は闘い取るものだ。闘い取られていない孤独は、いつか人の心を蝕む。(村上春樹

 

私も同じ気持ちである。

真の孤独は闘い取るものである。

真の孤独を知っているから、周りの仲間への感謝も生まれるし、

自分中心で生きるのではなく、他人を思い遣ることができると思っている。

 

村上春樹は「闘い取られていない孤独は人の心を蝕む」といっている。

これは孤独という状態を楽しむことができていないと

他人のものを奪ったり、周りに対して嫉妬をしたり、嘘をつくようになる。

 

私も孤独を闘い取ろうと現在奮闘している。

そのために自分の本当にしたいことは何なのかと日々向き合い、

自分の道を切り開こうとしているのである。

 

孤独になることを恐れて逃げてはいけない。

向き合い、理科すれば孤独を楽しむことができ、

むしろ自分から好まなければ孤独を作ることができないようになる。

 

そんな状態になりつつある毎日は周りに人のおかげである。

いつもありがとう。

 

f:id:bb9112ks-yasu:20180108232754j:plain