YASUHIDE.COM

小泉泰英によるフィロソフィー

自然栽培はAppleと同じくらいシンプルである

(ここの哲学はブログではなく、記事としてしっかりと編集・加筆します。)

 

自然栽培の木村秋則さんは「奇跡のりんご」と言われています。

そしてiPhoneを作っているのはAppleです。

こんなことから木村さん自身が、りんごは世界を変えると言っています。

 

そんなりんごという共通点以外にも自然栽培とAppleには共通点があります。

それは、「シンプルさ」です。

 

私もMaciPadiPhoneを使っていますが、

スタイリッシュなシンプル性を持っています。

 

だから私はiPhoneにもカバーをつけず持ち歩いています。

スタイリッシュさ以外にも感触や丸み帯びた角に惚れています。

 

そしてもう一つが自然栽培です。

何か入れることで生産性の向上を目指している他の農業に対して、

自然栽培は、極限まで何も入れないことの先に真の農業や美学があると捉えています。

 

シンプルさが本質であって、最もシンプルなのが自然であると考えているのではないでしょうか。

 

サステナブルな農業とか持続可能な社会とか安心安全な食材とかのために

自然栽培をってことは大切ですが、

私はこの哲学に惚れて自然栽培の道を歩んでいます。

 

なぜなら、他の農業と仲良く共存しながらいい社会や農業をつくっていきたいからです。

そのためには口だけでの共存では絶対に共存なんてできません。

自分たちはどんな立場でどんな想いや哲学、美学を持っているのかを明確にしなければならない。

哲学や美学を持っていれば、簡単にはくじけないと思っています。

 

私は表面的な利益やしょうもない価値ではなく、

自然栽培が持つ本質的な側面を愛しているからこそ、

人生をかけようと思ってるのです。