YASUHIDE.COM

小泉泰英によるフィロソフィー

ふるさと納税の一番は「泰然自若」を学んだこと

こんばんは。
この度は皆様にご報告があります。

9月より実施しておりました
ふるさと納税を利用したクラウドファンディングが
目標金額である200万円を達成しました


赤ちゃんの健康にも良い伝統的発酵食である“糀”を甘味料として届けたい!|ふるさと納税のガバメントクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

f:id:bb9112ks-yasu:20181202211017j:plain

70人を越える本当に多くの方々に支援をいただきました。
ありがとうございました。

嬉しいお話でありますが、達成後は締め切られてしまうのですが、
「支援しようと思いましたが締め切られてしまいました。」
との連絡を何件もいただきました。

そして話を合わせるように
「ふるさと納税の支援の代わりに他の形で支援します。」
と申してくださるのです。

支援してくださった方、応援してくださった方、
もうなんと言ったら良いのかわかりません。
感謝ではなく、少しでも良い世の中を醸すという結果でお返しさせていただきます。

この後の予定といたしましては、
支援してくださった皆様に返礼品ならびにお礼のお手紙をお送りさせていただきます。

また12月または1月に支援者に今後の展開ならびにお礼の交流会を開催しますので、
後日ご連絡させていただきますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、今回の本企画を通して多くのことを学びました。
そのポイントに関しては、後日改めて報告いたします。

3ヶ月間を通して一番に感じたこと。
それは、泰然自若であります。

泰然自若とは、どんなことが起ころうとも慌てずに落ち着き動じないさまという意味です。

この期間に、想定外の出来事が数多く起こりました。

  • 資金ショート寸前になったこと
  • 仲間が働きすぎで体調を崩したこと
  • 赤ちゃんには甘い調味料がいらないというコンセプトのミスマッチ
  • 他人をアドバイスを受け入れすぎ、自分を見失ったこと

などなどまだまだ初めての体験をたくさんした私です。

しかしこの経験のおかげで、成長することができました。

どんなことが起ころうと起こってしまったことは変えられない。
ならば落ち着いて次をどうするのかを瞬時に考え判断し、実行する。

ギャーギャー言わなくていい。
必要なのは、したたかにことを実行するのみである。

そして同時にもう一つ言いたいことがあります。
それはときに何も起こさないという決断も大切だと身をもって感じました。

宇都宮大学の学生の小泉くんから株式会社アグクルの小泉に変われた
3ヶ月でありました。

最後に、泰然自若の「泰」は小泉泰英の「泰」であり、
父が名付けてくれた誇り高き名前であります。

何事にも動じない泰然自若の心をもったリーダーにさらになっていけるよう
明日以降も精進してまいりたいと思います。